「弾圧の100年」訴えデモ=少数民族、中国共産党を批判

時事通信】 中国共産党創立100年を迎えた1日、東京都内では日本に住む香港人やウイグル人ら約200人がデモを行った。参加者は雨の中、「(中国共産党に)支配される私たちにとっては虐殺と弾圧の100年だった」と訴え、共産党支配からの解放を要求した。

 デモは、在日の少数民族らでつくる11団体が主催。弾圧で犠牲になった人の遺影や香港の民主化運動の象徴である黄色い傘、「全ての犠牲者に哀悼を」などと書かれた横断幕を掲げ、新宿区内の繁華街を行進した。香港からの留学生、何嘉軒さん(22)は、帰国すれば逮捕される可能性があると明かし、「いつか帰れる香港になってほしい」と述べた。続きはこちら
一方で…

二階氏ら与野党幹部、中国共産党に祝意

朝日新聞】 結党から100周年を迎えた中国共産党に対し、与野党は電報などで祝意を示した。ただ、台湾問題のほか、新疆ウイグル自治区や香港での人権や自由の問題などへの強い懸念もあり、各党からは「儀礼的なもの」との声が上がっている。

 自民党の二階俊博幹事長は、中国共産党に幹事長名で祝意を示す電報を送った。
続きはこちら

共産党・志位氏「共産党の名に値しない」、結党100周年の中国共産党を痛烈に批判

ハフポスト日本】 日本共産党の志位和夫委員長は7月1日、中国共産党が結党100年を迎えたことを受け、「東シナ海や南シナ海に対する行動、ウイグルや香港での人権侵害などの行動は、『共産党の名に値しない』とずっと批判してきた」とコメント。続きはこちら

Related posts