中国 「国家安全法制」導入を決定

香港への統制いっそう強化へ  2020.5.28

 中国の全人代=全国人民代表大会は、最終日の28日、香港で反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」を導入することを決めました。香港では、中国の統制が強化され、高度な自治を認めた「一国二制度」が崩壊しかねないとして、抗議活動がさらに激しくなることも予想されます。 中国の全人代は28日、最終日を迎え、日本時間の午後4時すぎから北京の人民大会堂で習近平国家主席らが出席して議案の採決を行いました。 この中で、抗議活動が続く香港で反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」を導入することを決めました。 採決の結果は、▼賛成2878票、▼反対1票、▼棄権6票の賛成多数でした。 「国家安全法制」の導入が決まったことで、今後、中国政府が主導して、香港の治安維持のための法律を制定するとともに、必要に応じて、中国の治安部門が香港に出先機関を設けて活動を行うとしています。 また、国の分裂や政権の転覆など、国家の安全に重大な危害を与える行為や、外国勢力の香港への干渉を防止し、処罰するとしています。 李克強首相は、閉幕後に行われた記者会見で、「一国二制度」を放棄するのかという質問に対し、「『一国二制度』は国家の基本政策だ」と述べたうえで、「決定は『一国二制度』を今後も長期にわたって安定させていくためのもので、香港の長期的な繁栄を守っていくことを示している」と強調しました。 今回の決定によって、香港では、中国の統制が強化され、高度な自治を認めた「一国二制度」が崩壊しかねないとして、抗議活動がさらに激しくなることも予想されます。

香港も、中国共産党に対抗するための「民主主義的国家安全法制」を作るべき。

香港の政治家は、中国政府が選んだ人の中から選挙で選ばれるため、そのような法案を作るのは不可能だが、国民が、この共産主義的な国家安全法制に対抗した「民主主義的国家安全法制」を作るための運動をすることで、「世界vs中国共産党」との戦いに持っていけるのではないだろうか?

中国人と話をすると、やはり、日本で仕事をしている中国人でさえ、香港や台湾人を憎らしく思っている人が多いように感じる。
「中国vs香港」と言う図式ではなく、「共産主義vs民主主義」と言う図式に持っていけたら、海外在住の中国人を中心に、香港人に味方する中国人が増えて生きて、                                                                                                      勝てる可能性が出てくるのではないだろうか。

Related posts