ル・ペン「ルールを無視して勝った奴が決めた戦犯に、意味などあるのか?」

佐々木 薫
フランス人は、日本精神を結構分かっていますね。神風特攻隊の精神性も評価してます。
フランスの国民戦線初代党首だった、ジャン=マリー・ル・ペン。
ル・ペンは2010年8月14日、靖国神社に参拝した。その時、女性記者の質問に答えて。

女性記者:この神社に祀られている中には戦犯もいるわけですが?
ル・ペン:そんなことはどうでもいい。君の言う「戦犯」とやらについて言うならば、民間人が住んでいるところに爆弾を落として、この国のすべてを焼け野原にしたヤツらこそが、戦犯なんじゃないかね?

日本にこれが言える政治家が何人いる?

0
【狂乱する中共の闇歴史】200… 社会主義は、共産主義の準備段階…

コメントはまだありません

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。