外国人住民投票条例案が否決 東京・武蔵野

多様性と言う名の共産化を主張する松下武蔵野市長

【産経新聞】
東京都武蔵野市議会は21日、本会議を開き、日本人と外国人を区別せずに投票権を認める住民投票条例案を反対多数で否決した。これにより、条例案は廃案となった。13日の市議会総務委員会では可決されていたが、本会議で判断が覆った。議長を除く25人で採決が行われ、過半数が反対に回った。

条例案を提案した松下玲子市長は「外国人だからという理由で地域の課題に対して意見を表明する権利を奪う合理的な理由は見つからない」と訴え、令和4年度中の施行を目指していた。松下氏は市議会に再び条例案を提案する方針だが、当初想定していたスケジュールは大幅に狂うこととなる。


0
ウィグル人虐殺・民族を消滅させ… 「大量の日本人女性を、奴隷とし…

コメントはまだありません

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。