実は米国がでっち上げた嘘だった「南京大虐殺」

【JBPress】森 清勇 2020/04/17 06:00

日本(軍)の疑心暗鬼

 日本は性善説に立つ国で、下記のように人権や人道、国家主権などを重んじる数少ない国である。明治以来のこうした積善が認められ、世界で尊敬される国の上位にランクされ続けてきた。

 その第1は奴隷の釈放である。

 アブラハム・リンカーン米国大統領は1862年9月に奴隷解放を宣言したが、大陸横断鉄道建設などで依然として奴隷を使っていた。

 ペルー船「マリア・ルス号」が横浜港に立ち寄った折に中国人苦力(クーリー)を輸送していることを知った副島種臣外務卿(外務大臣)は、奴隷運搬船と判断し国際裁判で勝利する。

 奴隷解放宣言から10年しか経っていない時である。

 第2は人種差別撤廃である。

 第1次世界大戦後の1919年、パリ国際会議に参加した日本代表団は国際連盟規約に人種差別撤廃条項を盛り込むように再三にわたって提案する。

続きはこちら

Related posts