フーバー大統領が明かす「日米戦争の真実」

1941年12月8日 真珠湾攻撃の日、ハーバート・フーバー元大統領(第31代) は 一通の手紙を したためた。ウィリアム・R・キャッスル殿あなたも私 同様に 日本というガラガラヘビに 我が国政府が しつこく ちょっかいを出し、 その結果 そのヘビが 我々に咬みついたんだということを よく知っています。また 日本に対して あのような貿易上の規制をかけたり、挑発的な態度を示さなくても、 日本は これからの数年で 内部的に崩壊するだろうことが 分かっていました。なぜ このようなことになってしまったのか その過程も 知っています。このことを記録しておくことは、将来において きわめて重要な意味を持つと 考えます。 あなたは この問題に関わる あらゆる記録と 回顧録などの 収集に あたってほしいのです。我々の疑念を補強する記録を できるだけ 多く入手してほしいのです。                       ハーバート・フーバー


0
ミャンマー虐殺、日本政府の対応… ワシントン・ポスト「トランプ大…

コメントはまだありません

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。