中国、ブータンとの係争地域で入植地建設 衛星写真で判明

[ニューデリー 12日 ロイター] – 中国が、領有権をめぐる係争が生じているブータンとの国境地域での入植地建設を加速させている。ロイターが行った人工衛星画像の分析で、2階建ての建物を含む200以上の構造物の建設が6カ所で進められていることが分かった。

ロイターでは、衛星を用いて地上での活動の情報収集を行っている米国のデータ分析会社ホークアイ360から衛星画像とその分析結果の提供を受け、さらに別の専門家2人に検証を依頼した。その結果、中国が最近ブータン国境沿いで進めている建設活動の詳細が得られた。

ブータン西部に接する国境沿いの数カ所での建設関連活動は、2020年初頭から進められている。ホークアイ360で担当ディレクターを務めるクリス・ビガーズ氏によれば、

中印の間で生き延びた「ブータン流バランス外交術」とは?

 

0
ラムザイヤー教授が批判に反論 … 「手足に鎖の生徒」と「集団レイ…

コメントはまだありません

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。