韓国農民にあてがわれた統一教会・合同結婚式、韓国人と外国人を結婚させ集金する宗教団体

By hadmin

〈衝撃リポート〉北海道大学教授らの徹底調査で判明した戦慄の真実 週刊ポスト

韓国農民にあてがわれた統一教会・合同結婚式日本人妻の「SEX地獄」
見知らぬ土地での生活、貧困、差別に「故郷に帰りたい……」と

「夫は失業していることが多い。月に給料が30万ウォン(約2万3000円)しかない時があります」
──統一教会の合同結婚式で韓国に渡った日本人妻の多くが、貧しい農村で苦しい生活をしている実態が初めて明らかになった。海の向こうから届いた彼女たちの悲痛な声。

日本人は「天の精鋭部隊」

白いウエディングドレスを着た女性と黒いスーツを着た男性が何万人も一堂に会し、規則正しく交互に並んで高らかに万歳三唱。会場のそこかしこから爆竹が鳴り響き、紙吹雪が舞えば、合同結婚式はクライマックスを迎える。信者にとって、一世一代の晴れ舞台。だが、教祖によって決められた伴侶の国籍次第で、その後の生活が大きく左右されることとなる──。

Post a Comment