戦争より恐ろしいものがある

By hadmin

戦争より恐ろしいものがある。それを教えない教育は本当の教育ではない。

単なる共産主義や反日による洗脳教育にすぎない。

だから、平和を声高に叫ぶ人たちを信用しない。

家族や民族や人類が皆殺しにあっても、戦わないことが善なのか。

見て見ぬ振りをして、本質を語らず、理想論を振りかざす。

死ぬことよりも恐ろしいことをする悪魔が人間の中には存在する。

それをも受け入れろと言うなら、まず自分たちが同じ体験をしてからモノを言えばいい。

自分の善を人に押し付けないでほしい。

日本で叫ばないで、まずはその現場に行けばいい。

中国共産党国家下で行われている大虐殺、強制労働、若い女性の徴用や人口堕胎による民族消滅の危機。

戦わずに殺される、奴隷にされる、全てを奪われる、愛する家族を使った精神的な拷問など…

それらを止めてからなら、ぜひ話を聞きたいと思う。

Post a Comment