高校歴史用語に「従軍慰安婦」 教科書向け精選案「南京大虐殺」も

産経ニュース

今年度内に告示される高校の次期学習指導要領に合わせ、高校や大学の教員らの研究会が教科書会社などに提言する歴史用語精選の1次案に、中学教科書では消えた「従軍慰安婦」が採用されたことが2日、分かった。精選は、教科書改訂のたびに増え続けた用語を減らし、暗記力より思考力育成につなげるのが狙い。ただ「坂本龍馬」など国民的人気のある人名が外れたほか、論争のある用語が多く含まれ、精選基準をめぐって議論を呼びそうだ。

精選案をまとめたのは、高校や大学の教員ら約400人で構成する高大連携歴史教育研究会。「教科書本文に載せ、入試でも知識として問う基礎用語」として、日本史1664語と世界史1643語を選択。現在の各3500語程度からほぼ半減となり、人名では龍馬のほか「吉田松陰」「高杉晋作」なども外れた。

一方、近現代は用語が多く、日本史では789語と約半数を占めた。軍による「強制連行」の誤解を与えかねない「従軍慰安婦」や、存否などで論争のある「南京大虐殺」も入った。

研究会によると、教科書に記載のない事実が大学入試で問われると、次の教科書改訂で収録される悪循環により、半世紀で用語が3倍近くに増大。高校の授業が用語の説明に追われており、生徒が議論する活動を重視した次期指導要領も踏まえ、学ぶ楽しさを実感できる授業へ転換を図った。

続きは以下よりどうぞ
産経ニュース

 

今回の歴史高校教科書改訂では従軍慰安婦や南京大虐殺を取り上げ歴史上の偉業を成し遂げた
坂本龍馬や吉田松陰を外すようです。

存在しない日本を貶める用語を採用し、我が国に貢献した大人物を消し去ろうとする。
文科相 反日歴史教育研究会の暴挙を許すわけにはいきません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.