憲法9条とは?問題点も簡単にわかりやすく!

日本と愉快な仲間たち

長女が、学校で憲法9条について、学んできたようです。

そして私に、こんな質問がありました。

「どうして、憲法9条では禁止されている軍隊が、日本にはあるの?

です。

おお!これはまさに、私も小学校高学年の時に、大人達にぶつけた質問です。

なんだか感動p´Д`q ゚

 

そこで、できるだけ簡単にわかりやすく、説明して聞かせました。

長女は納得してくれたので、今回は、日本国憲法の3大原則の1つ、平和主義について定められている憲法9条を、簡単にわかりやすく問題点についても、ご紹介しますね。

 

憲法9条とは?簡単にわかりやすく

ミニ兵士

憲法9条とは、わかりやすく言うと、次の3つのことを定めています。

憲法9条とは?わかりやすく3つに

  1. 戦争を放棄します
  2. 戦力を持ちません
  3. 国の交戦権を否定します

非常にシンプルですね。

戦争をしませんし、戦力も持ちません。
交戦する権利すら認めません。

とても平和的で、人類の理想ともいえる内容です(#^.^#)

ただ、憲法9条は、とてもシンプルな内容ですが、シンプル過ぎて具体的ではなく、そのままでは、
現実とかけ離れているのが問題となっています。

次で、憲法9条の問題点を見てみましょう。

スポンサーリンク

憲法9条の問題点は?現実に合っていない

憲法9条自体は、素晴らしい内容でしたが、実際には、現状と合っていないところが、問題点となっています。

まずは、条文を引用します。

~引用ここから~

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

~引用ここまで~

では、どのあたりが現実と合っていないのでしょう?

それは、次の2点です。

 

憲法9条が現実と合っていない点

  1. 武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
  2. 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

それぞれ見てみましょう。

戦争放棄!?でも自衛戦争はOK?

先ほどの条文では、全ての戦争を放棄しているように読めます。

しかし、平和な島国日本に住んでいるとピンとはきませんが、国際社会は弱肉強食です。

領土問題という名の侵略は、多々あります。憲法を変えたくない人たちは、自衛戦争もだめと言ってるのでしょうか?

例をあげると・・・

 

続きは以下よりお読みください。

日本と愉快な仲間たち

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.