Ms.Muroi say, “If Self-Defense Forces shot down the North-Korea’s missile, the splinters are dangerous!!”. 室井佑月氏が北朝鮮のICBM迎撃に本音「破片が飛んできて危ない」

Ms. Muroi say, “If Self-Defense Forces shot down the North-Korea’s missile, the splinters are dangerous!!” in TV(TBS). And two experts say, “That’s right. if it intercepts the missile on land, they are sure to fall onto land.”, “Yes, even if it’s on the sea, they will flying onto land. So the interception is so dangerous.”.
Young people think that “What they say? Are splinters dangerous more than the missile?”.
Old people think that “Ummm. prime minister Abe is so bad! We can’t believe him.”.

 

室井佑月氏が北朝鮮のICBM迎撃に本音「破片が飛んできて危ない」

  • 10日の番組で室井佑月氏が、北朝鮮のICBMを迎撃する際のリスクに言及した
  • 「日本の国土の近くでやったら破片が飛んできて、迎撃も危ない」と指摘
  • 専門家も「命中したら(ミサイルの)破片は必ず落ちてきます」と話していた

10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」で迎撃した際のリスクを指摘した。

番組では、ミサイルの脅威で米国を威嚇する北朝鮮について特集し、識者が見解を語った。8日、米国・トランプ大統領の「これ以上アメリカを挑発するなら、見たことのない炎と怒りを見るだろう」という北朝鮮への発言を受けて、9日、北朝鮮はグアム島周辺に向けて4発の「ICBM」を発射することを検討していると表明した。

その後、トランプ大統領はTwitter上で北朝鮮に反発するも、10日、北朝鮮は「ミサイル4発が同時に発射され、日本の島根、広島、高知の上空を通過しながら、グアム周辺30~40kmに着弾する」と、具体的な計画を明らかにした。

番組では「最新情報」として、同日午前の衆院安全保障委員会における「PAC3の空白地域があることは問題ではありませんか?」という小野寺五典防衛相への質問を取り上げた。

スタジオでは、元防衛省自衛隊情報分析官・西村金一氏が、PAC3は移動型のため、北朝鮮のミサイルが飛行するであろう地域に持っていき、仮にミサイルが日本に飛んでくることになれば、迎撃することができるだろうと解説した。

すると室井氏が「でも迎撃ってしたらいいものじゃなくて」「下に地面がある場合って、破片がどこに飛んでくるかも分からないですよね」「日本の国土の近くでやったら破片が飛んできて、迎撃も危ないってことですよね」と疑問を呈したのだ。

西村氏は「命中したら(ミサイルの)破片は必ず落ちてきます」「対馬海峡のところにイージス艦を置いて、SM3(艦船発射型弾道弾迎撃ミサイル)で打ち落とすというのが一番いい」「そこでも日本に破片が落ちてくる可能性はあります」と解説した。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。