「策士、策に溺れる」ー石破茂の政治生命は風前の灯火ー

フリー座

石破茂の政治生命は終わった

7月17日に産経新聞の一面を見た人は、驚いたのではないだろうか。

前川元事務次官が、先の国会証言だけでなく、ことあるごとに自信満々で自説の正当性の根拠としてきた例の「獣医学部新設4条件」(以下)の真相が暴露されている。

  1. 現在の提案主体による既存の獣医師養成でない構想が具体化し、
  2. ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らかになり、
  3. かつ、既存の大学・学部では対応が困難な場合には、
  4. 近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。

産経新聞の記事は次のように記す(*以下傍線太字筆者)。

「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました…」

平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本獣医師会」会長で自民党福岡県連会長の蔵内勇夫の2人。

(略)このいわゆる「石破4条件」により獣医学部新設は極めて困難となった。

(略)獣医師会にとっては「満額回答」だといえる。北村は獣医師会の会議で「(4条件という)大きな壁を作ってもらった」と胸を張った。

なんと、この「4条件」なるものは、そもそも日本獣医師会と通じた石破茂が獣医学部の新規参入を阻止する目的で作成した、というのだ。

果たしてこれは事実なのか。

どうやら事実らしい。以下は同会のサイトである。

サイト左にあるインデックスの三番目「主要会議・委員会の開催状況」を開くと、総会・理事会の資料が出てくる。

今現在、平成27年(2015)度以降の理事会の報告書は削除されているが、まだデータとしては残っているようで、このアドレスで以下の資料が出てきた。

続きはこちらよりお読みください。フリー座

保存

保存

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.