たった30年前に500人以上が死亡した韓国版アウシュビッツ『釜山(プサン) 兄弟福祉院事件』とは

…配信元を読む

自己判断で動画、文面はお読みください。

私による、コメントは一切ございません

【韓国崩壊】韓国が隠し続ける30年前の黒歴史!韓国版アウシュビッツが悲惨過ぎる!!【中韓日報 大福チャンネル】


‘韓国版アウシュビッツ’兄弟福祉院特別法 まもなく再発議…韓国が起こした虐殺事件の数々

2014-07-09 13:17:53 | 九速浮く疎チョン

‘韓国版アウシュビッツ’兄弟福祉院特別法 まもなく再発議

登録 : 2014.07.09 08:56修正 : 2014.07.09 08:56

 ‘韓国版アウシュビッツ’事件と呼ばれる程に大規模な人権蹂躪が強行された釜山(プサン)

‘兄弟福祉院’事件の真相糾明と被害者補償のための特別法が再発議される。

3月にも類似の法案が提出されたが、国家の責任を問う上で限界があるという指摘により

修正後に再び発議されるものだ。

1987年初めの兄弟福祉院の内部の様子。 キム・ヨンウォン弁護士提供

 チン・ソンミ議員(新政治民主連合)は8日「兄弟福祉院事件は浮浪者など社会的弱者を一掃しようとした

国家次元の犯罪という事実を糾明できる法的根拠を用意しなければならない」として、

議員43人と共に‘内務部訓令による兄弟福祉院強制収用など被害事件の真相および

国家の責任糾明などに関する法律案’(特別法)を今週中に発議する計画だと明らかにした。

 修正された法案は、兄弟福祉院のみならず他の収容施設での被害も救済できるようにした。

 ヨ・ジュンミン兄弟福祉院対策委員会事務局長は「兄弟福祉院事件が明らかになったことにより

他の収容所に監禁された被害者の情報提供と陳情が相次いだ」と再発議の理由を説明した。

 兄弟福祉院事件は、1975年に制定された内務部(現、安全行政部)訓令が根拠になった。

全斗煥政権は1986年アジア競技大会と1988年ソウルオリンピックの成功的開催を名分に

浮浪者・障害者・孤児などを闇雲に収容施設に送った。

特に兄弟福祉院では1975~87年に3000人余りを監禁・暴行したり強制労働に動員して、

513人の死亡者が発生した。 2012年11月、兄弟福祉院の生存者ハン・ジョンソン(38)氏が

体験手記<生き残った子供>を出して兄弟福祉院事件が再び注目され、

3月24日チン議員など55人が‘兄弟福祉院被害事件真相糾明および被害者支援に関する

法律案’を国会に提出した。

 法案再発議の理由は、去る4月に国会議案課が特別法の法案審査を安全行政委員会ではなく

保健福祉委員会に配分したためだ。

特別法が福祉委に配分されれば個別福祉施設で起きた人権蹂躪問題として問題が縮小されるが、

安全行政委員会では内務部訓令を根拠とした国家次元の犯罪だったという点を明らかにし

真相糾明の道を開くことができる。

パク・スジ記者 suji@hani.co.kr

韓国語原文入力:2014/07/09 08:11
http://www.hani.co.kr/arti/society/rights/646133.html 訳J.S(1067字)

また、韓国版アウシュビッツとか言っていると、ユダヤのほうからお叱りがあるよ!

ユダヤ人はチョンのような病身者ではない!(キリッ!)って

日本に統治された時代こそ、差別が禁止されたけど、束縛を逃れたら元のチョンに戻ったって言うわけですか?

保導連盟事件とか、済州島43事件とかよくよく虐殺行為が好きなのか、朝鮮戦争然り、ベトナム戦争然り・・・近くではバージニア工科大学とか・・・戦後だけでもこれほど虐殺をしてきた民族もないだろう。

保導連盟虐殺現場

保導連盟・・・処刑の瞬間画像

済州島43事件虐殺現場

まさに人としての民度を保てたのは日帝統治下の35年間に過ぎない・・といっても過言ではなかろう。

そしてそれらのすべてが加害者は固く口をつむぎ、謝罪や賠償はまったくなされていない。

虐殺って、チョンの専売特許?

なんとこの韓国版アウシュビッツといわれる事件は皮肉なことに平和の祭典であるオリンピックの開催を前にしてとのこと・・・にはさらに驚かされる。

このような中でソウルでオリンピック・パラリンピックが開かれていたのか?

塩田奴隷事件も同様。

騙し、拉致、監禁、虐待、暴行、性暴行、腐った食物、飢え、密葬…慰安婦や強制連行物語とそっくりです。韓国人が自分をモデルに作った物語だったんですね。

まるで、北朝鮮の強制収容所です。民俗学、歴史学、社会学的に解明すべき病理です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.