第二の両班制度 in Japan

  移民を受け入れるということは、治安が乱れるだけでは済まないということ。100年200年かけて国が乗っ取られることも視野に入れなければいけない。通名、背乗り、特権、洗脳、反日右翼、反日教育、マスコミ扇動、ありとあらゆる手段を駆使して寄生し乗っ取ろうとする。相手は殺す気でくるし死ぬ気でくる。これを阻止しようとすると差別だ人権侵害だと弱者を演じ、裏では家族崩壊・社会的抹消を企む。
両班07両班07a

※自分たちがやっていたことを、日本軍がやっていたことにするのは、当たり前の朝飯前。証拠がないなら作ってしまえと、どんどん映画や博物館を
作るところは、中共も韓国もやることはおんなじだ。
一度でも彼らを受け入れてしまうと、これを追い出すのは容易ではない。スイスを見習う以外にない。日本人は既に8割方洗脳が進んでいる。日本人の認識は甘すぎる!!!日本の要所要所、利権団体等で在日に吸い取られる構造が出来上がってることを認識すべき。マスコミや教育界、政財界、やくざ等一丸となってこれをやっている。日本人は今、三国人の両班奴隷に成り下がろうとしていることに気が付くべきだ。安倍政権は最後の砦なので、マスコミや野党はこれを激しく貶めようとする。
今のドイツ、フランスの移民問題はまだまだぬるい。戦後の日本ではるかにひどく悲惨だったし、多くのものが奪われた。警察は無手だったためその多くが殺された。あまりにもやりたい放題でひどかったため、日本を植民地化しに来たGHQですら、彼らを追い出そうとしたほどだ。
第二の両班制度が、今日本において完成しようとしている。それを阻止しているのが安倍政権だ。

全日本国民に知って欲しい在日朝鮮人の主張があります。

B9EcIsUCIAALD2D李敬宰(イ・キョンジェ)
1954年生まれ 在日朝鮮人二世
高槻むくげの会代表、民族共生人権教育センター代表
2006年帰化

「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、100年後 には5人の内3人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと100年生きて、なんとしても日 本人を差別して死にたいです。これが夢です。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。こうした素晴 らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではない ですか」
(2001年12月14日18時30分~ 京都YWCA 在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 での発言)

はじめに李敬宰の発言を引用してみましたが、実際の日本はどうなっているでしょうか。

これから帰化・国籍法改正・永住に関する様々な現実を紹介していきたいと思いますが、残念ながら日本国籍・永住権はバナナの叩き売り状態です。

日本を多民族国家とすべく、毎年10000~16000人のペースで異民族・異教徒を帰化させています。

なかでも憂慮すべきは、二大反日民族である支那人と朝鮮人です。
日本国内での外国人犯罪の1位・2位を独占し続けている犯罪民族でもあります。
一番日本国籍・永住権を与えてはいけない民族だというのに、朝鮮人5000~10000人、支那人3000~5000人のペースで毎年日本国籍を与え続けています。
(法務省HP内の帰化許可申請者数、帰化許可者数等の推移を参照)

日本への忠誠心、愛国心一切不問。
反日かどうか一切不問。
ごくごく形式的な要件を満たせば、誰でも簡単に日本国籍が取れてしまうのです。
日本ほど簡単に国籍を与えてしまう愚かな国はないと思います。

在日支那人は約100万人。既に12万人以上の支那人が日本国籍を取得。85万人以上の支那人が永住権を取得。
(月刊「中国」編集長 鳴霞氏の指摘)

中国残留孤児とその家族・子孫の実に9割以上が偽物。
(元警視庁北京語通訳捜査官 坂東忠信氏 /月刊「中国」編集長 鳴霞氏 のお二人ともが指摘)

You Tube「100万人在日中国人いつの間に!人口爆発で日本沈没 外国人地方参政権反対!」より引用

今の日本にはスパイ防止法すら存在せず、帰化した支那人が堂々と防衛大学に入学して、幹部自衛官になれてしまいます。
長文すぎて引用出来ませんので、まだ読まれていない方は是非とも次の表題で検索をお願いします。
「防衛省激震! 帰化中国人防大生「工作員」疑惑」
(新潮45 2010年11月号 より)

国籍法改正(2008年12月5日成立、2009年1月1日施行)により偽日本人もどんどん誕生しています。

日本人男性と外国人女性との間で生まれた子供が日本国籍を取得する場合、2人の間で婚姻関係が必要とされて来ましたが、改正によって不要となりました。認 知したという届け出だけで日本国籍が取得出来るようになったのです。審査も簡単なものしかなく、プライバシーを守るためという理由からDNA鑑定すら行わ れません。子供に日本国籍を取らせたい外国人女性が日本人男性に謝礼を払って嘘の届け出を出してもらえば、簡単に日本国籍が取得出来るようになったので す。実際ほとんどの届け出はそのまま受理されて日本国籍が認められています。

それ程簡単な審査であるにも関わらず、施行直後から支那人・フィリピン人・ペルー人などによる偽装認知が発覚し、逮捕されました。これまでにどれだけの偽 日本人が誕生したのか想像もつきません。国籍法改正後、申請は急増しており、毎年1000人前後の子供がDNA鑑定なしで日本国籍を取得しています。
(法務省HP内の改正国籍法に伴う国籍取得届の状況を参照)

そもそも認知した男性に扶養義務すらありません。扶養されなくても、母親と子供は生活保護が利用でき、年金生活者より裕福な生活が可能なのです。父親は法務省に疑われない範囲であれば、何人でも偽装認知で謝礼を受け取れます。

偽日本人の母親も養育者として定住資格取得となります。日本人を産んだと見なされますから、母親も日本国籍取得が容易となります。

このままだと日本に愛国心も忠誠心もない偽日本人が数十万人誕生する可能性すらあります。治安が悪化し、国防が根底から脅かされます。偽日本人は法律上は正真正銘の日本人となる為、選挙権・被選挙権も得られます。某国が悪用すれば合法的に間接侵略が可能となります。

日本人の国際結婚の半分は日本人と支那人であり、そのうち9割近くが日本人の中年高齢者男性と20~30代の支那人女性。2009年中に日本人と結婚した 支那人は約13000人。そのうち45パーセント位が離婚。結婚して5年で永住権取得となり、日本人男性は用済みとなる。元々年も離れているし、老後の面 倒を見たくないので離婚となる。そして、永住権という特権を得た彼女達は、別の外国人と偽装結婚というビジネスまで始めている。永住者の配偶者という資格 が存在し、永住者と偽装結婚した外国人は合法滞在可能となる。これまでは日本人との偽装結婚が主だったが、これからは日本人を抜きにした偽装結婚がどんど ん増えて来る。そして、永住者も10年日本に滞在すると帰化が可能となる。実際、支那人がどんどん帰化している。日本語が全く喋れない、国歌君が代が歌え ないのに帰化した例も知っている。

(元警視庁北京語通訳捜査官 坂東忠信氏)

You Tube「国際結婚の半数が中国人と日本の中高年とのカネ目当て結婚【坂東忠信】 」より引用

現時点で日本国内の脱北者は1400名にのぼる。これらすべてを監視することはできない。

あるいは、日本人と結婚し永住権を得てしまうと捜査もままならない。
(世界の諜報機関FILE 国際情報研究倶楽部編 Gakken 201頁)

支那人を筆頭に在日外国人達にわずかな年数でどんどん永住権を与えていますが、彼らの子孫は日本で生まれ育ち、日本語を母国語とする新たな在日となる可能性が高いと思います。

彼らの子孫は当たり前のように日本の血税で教育を受け、当たり前のように日本で就職する事になるでしょう。

永住権を今のように安易に与えるのは即刻やめるべきであり、厳格な審査の上で与えた場合でも、彼らの子孫には母国語の習得を義務付け、確実に本国へ帰ってもらう制度とすべきではないでしょうか。

現実に日本生まれの外国人がどんどん誕生していますが、1度根を張った彼らは、日本語しか喋れない、本国に生活の基盤がないと主張し、永遠に日本から出て行かないと思います。
実質的な移民となってしまいます。

日本で生まれた外国人の母国が貧しい場合、絶対に日本から出ていこうとしません。象徴的な実例を1つだけ挙げます。
偽造パスポートで不法入国、そして不法滞在していたフィリピン人夫婦の娘カルデロンのり子は「私にとって日本は母国」と主張しました。
友達のいる日本にいたい、言葉も文化も分からないフィリピンに送らないで欲しいと訴え、最終的に日本での在留が許可されました。両親は強制送還。
「日本で生まれ育ち、フィリピンに送還された場合、生活習慣への適応や言語の習得などが困難で、大きな損失を被るおそれがある」(東京高等裁判所)
不法入国・不法滞在の外国人でも日本で子供を産んでしまえば、その子供は日本での在留が許可されるという悪しき前例となる可能性が高いです。

帰化・国籍法改正・永住に絡めて様々な現実を紹介しましたが、日本に根を張った外国人達はどんどん子供を産んで増殖していく事を忘れてはなりません。

本国からの家族の呼び寄せも行われます。
日本人は減り続けており、外国人は増え続けています。
国家の中枢にもどんどん進出して来るのは時間の問題です。
このままいくと、いずれ日本人は日本列島の先住民族、日本列島に居住する一部族となってしまうかもしれません。
本当にそうなってもいいのか、真剣に考えるべき問題だと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.