NHKが中継を嫌がった稲田朋美の国会質疑 ~法務省役人が何にもしてこなかったことが明らかに!

15:40 法務省 訟務総括審議官 都築政則氏の答弁
戦時中の責任を問う、外国人原告らの請求は、日韓請求権協定や日韓平和条約等によって解決済みで、いずれも棄却されるべきことが明らかです。えー、そのため、事実関係について認否や反対尋問を行う必要がない、と考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。