上映されてわずか二日で、政治的圧力により上映禁止となった映画 『凛として愛』

平成14年、上映されてわずか二日で、政治的圧力により上映禁止となった映画 『凜として愛』。

なぜ日本は戦わなければいけなかったのか。それを知るために、日本人は、この映画を観なければいけない。

「アメリカのように天然資源と広い国土に恵まれ、外国に攻撃される恐れもない国がどうして日本のように小さく、ほとんど資源もなく、常にソ連のような仮借ない隣国の脅威にさらされている島国のおかれた立場を理解することが出来るだろうか。
アメリカが口にする正義は結局は、自己の目標を貫かんがためであり、唱える同義はその奥底においては自らの利益のため であった」
-  ジョン・トーラン

明治開国から大東亜戦争までの日本の戦争の歴史。
明治27年の朝鮮半島をめぐる清国との戦い
ロシア、フランス、ドイツの三国干渉
朝鮮半島、満州をめぐり大国ロシアとの戦い
満州事変、支那事変、ABCD包囲網。
なぜ日本は戦わなければいけなかったのか。
資料に基づいて制作された映画、真実の歴史を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。