東トルキスタン侵攻

チベットと並ぶ中国共産党の植民地となった東トルキスタンは、面積は166万平方kmで、リビアについで世界第18位を誇る。人口も2000万人弱に達し、世界第54位である(とはいってもその4割は中国人移民)。

  かつてシルクロードの要衝であったこの国に対する日本人の関心は比較的高く、NHKなどでもさかん報道にされ、シルクロードに関する出版物は非常に多 く、実際に観光で訪れる日本人も多い。だがこれらのほとんどは中華人民共和国の一部として捉えられ、シルクロードと比べて東トルキスタンという国名の知名 度が格段に低い。イスラム圏でもアフガニスタンやイラクやパレスチナに関するニュースは多いが、一方で東トルキスタンでは中国共産党植民地政府による報道 規制が厳しく、自由な取材ができないという現実があるのは確かである。だがそれ以上に日本マスゴミの怠慢によるところが大きいと言わざるを得ない。中央ア ジアのパレスチナとも言える東トルキスタンで何が起こっているのか、日本政府、マスゴミは目を背けるべきではない。

■中国共産党の東トルキスタン侵略
ウイグル人弾圧

 歴史的に見て東トルキスタンはペルシャ人、モンゴル人、チュルク人、中国人などが群雄割拠した非常に複雑な歴史を有している。だが確実にいえるのはこの 千年間においてこの地域の多数民族であったのはまぎれもなくチュルク系民族であることだ。東トルキスタン史の概要については当サイトの東トルキスタン歴史年表近現代史年表を参考にしてほしい。
20世紀に入り、中華民国が混乱を極める中で、1933年に東トルキスタン・イスラム共和国が誕生した。だがこの政権
は 約1年ほどの短命に終わってい る。第二次大戦の末期である1944年に再び東トルキスタン共和国が建国された。面積は現在の新疆ウイグル自治区の半分に満たなかったが、しっかりとした 行政組織と民主的な政権が維持されていた。だが1950年に中国共産党軍の侵略を受け、抵抗もむなしく占領されてしまう。この時期、アジア諸国では韓国、 北朝鮮、インド、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、インドネシア、カンボジアなど次々と独立国家が誕生していた。こうした時流に逆らうかのように東ト ルキスタンは帝国主義者に侵略され、併合されてしまった。1955年には新疆ウイグル自治区が設置されている。
  本連載(中国共産党の犯罪)の他のページを見ていただければわかるように、中国共産党の残虐行為はあまりにも膨大で多岐にわたっており、到底全てを詳述 しきれるものではない。本連載はなるべく多くの方々に時間をかけずに手短に読んでいただくことを目的としている。東トルキスタンについては主に現代におい て行われている残虐行為について述べるとしよう。

■核実験を自国内ではなく植民地で強行
cttum

  実は中国本土内で核実験は一度も行われたことがないのを皆さんはご存知であろうか。中国共産党が行った核実験は全て東トルキスタンのロプノールで行わ れ、計46回に上る。私は今ここで中国の核実験そのものを非難するつもりはない。アメリカなどは1000回以上も行っており、中国よりも桁が二つも多い。

east_turkestan_ch_nu_02

だが東トルキスタン国民から見れば、中国という外国に領土を侵略され、自国内で46回も核実験を強行されたのだからこのうえない迷惑である。

■現在の諸問題、資源強奪、大量移民、中国化政策、強制中絶

  東トルキスタンは天然資源が豊富である。石油、天然ガスの埋蔵量は中国共産党実行支配地域の28%と33%を占める。だが東トルキスタンのチュルク系民 族の人口は中国人の100分の1だ。東トルキスタンが中国に侵略されて資源を強奪されていなかったら、今頃サウジやUAEほどではないにしても、NIEs なみの経済発展を遂げていたであろう。
tokyo20090708topac01photo

 資源を強奪する一方で大量の中国人を東トルキスタンに送り込み、今や中国人が人口の半数に達する勢いだ。すでに政治のみならず経済までもが中国人によって牛耳られている。

…続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。